この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2012年3月)

2012年3月17日

Bug-org 728103 Shouldn't we change modifier for HTML accesskey from Control to Control + Option?
初回投稿日時: 2012年03月17日12時07分20秒
カテゴリ: Firefox Google Chrome HTML Mozilla Core Mozilla14 Safari バグ修正
SNS: (list)

MacのHTMLで指定されたアクセスキーを利用するための、モディファイアキー、SafariやGoogle ChromeにあわせてControl+Optionにした方がよくね?っていうバグです。Mozilla 14の初期段階である今、様子を見るために投入されました。

修正前はControlキーだけでアクセスキーを利用できていたのですが、MacではControlキーと、何か一文字の組み合わせは、かなりの数、EmacsライクなOSネイティブのエディタの操作のためのショートカットキーになっています。これとバッティングすると、HTMLのアクセスキーが勝ってしまっていたのでEmacsライクなショートカットキーを多用するユーザにはページ毎に挙動が変わる可能性があるという不愉快なことこの上ない感じのバグがありました。

今回の修正ではパッチを見れば分かるように、contentのアクセスキー設定のみを変更しています。chromeのアクセスキー設定は変更していませんので、拡張のXUL UIの中では今までと挙動が変わっていません。これについて、問題がやはりあるんだ、という場合にはバグを報告してください。対応を検討します。

それ以外のプラットフォームでは引き続き変更の予定はありません。Geckoのアクセスキーはそれなりに議論を積み重ねた後に現在の形に落ち着いていますので、それを変更するにはMacのように実害を提示しなくてはいけません。それでもやはりWebKitにあわせる方が良い、という場合、変更することによるデメリットよりもメリットが上回ることをきちんと説明し、自分でパッチを提出してください。ご覧の通り誰でも書けるパッチですので(自動テストも若干修正が要りますが、やはり同レベル)、クレーマーとしてbugzillaに来るのは勘弁してくださいね。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 728103を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。