この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2016年1月)

2016年1月30日

Bug-org 1208977 [TSF] [e10s] Candidate window position is sometimes at the top-left of screen at using MS-IME for Japanese on Win7
初回投稿日時: 2016年01月30日10時36分35秒
カテゴリ: e10s IME Mozilla Core Mozilla45 TSF Windows バグ修正
SNS: (list)

e10sモードかつ、TSFモードの場合、MS-IMEをWindows 7で使っていると、時々候補ウインドウが画面の左上に表示されるというバグです。

原因は、Windows 7に標準で搭載されているMS-IMEのバグで、ITextStoreACP::GetTextExt()TS_E_NOLAYOUTを返すと、即座に候補ウインドウを画面左上に表示してしまうというものでした。Windows 8以降に搭載されているMS-IMEのサジェストウインドウ位置がおかしかったバグと同じです。

MS-IMEのサジェストウインドウはWindows 8以降で実装されたものなので、以前の修正でハックを入れるのをWindows 8以降に限定していましたが、副作用の少ないハックですので、OSのバージョン制限を取り払って、MS-IMEなら常にこのハックが動作するように修正しました。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 1208977を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。