この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2015年9月)

2015年9月28日

Bug-org 1204523 [e10s][TSF] The suggest window position of Japanese MS-IME for Win8.1 and Win10 is sometimes positioned top-left of the screen
初回投稿日時: 2015年09月28日23時52分19秒
カテゴリ: e10s IME Mozilla Core Mozilla43 TSF Windows バグ修正
SNS: (list)

Windows 8以降のMS-IMEには未確定文字列の変換候補を変換前から提案してくるサジェスト機能がありますが、このウインドウがe10sモードでは時々、画面の左上に一瞬だけ表示されることがあるというバグです。

症状からGoogle日本語入力に存在したTS_E_NOLAYOUTに関する問題だと思い、その対策のハックをMS-IMEにも適用してみたところ、すんなりと修正することができました。ただ、この修正の後でも確率は減っているのですが、ごく希に発生するケースが残っているようです。しかし、あまりにレアすぎて、未だにその失敗した瞬間のログを取得することに成功していませんので、そのうちに時間ができたらまたリトライしようと考えています。

それから、MS-IMEはハングル用のものも同じ名前を名乗っていることが分かりましたので、今回の修正ではアクティブなTIPの言語も確認するようにしました。ただ、NyaRuRuさんからの情報によると、MS-IMEはGUIDで判断する方が簡単という情報を頂きましたので、この点もそのうちに修正しておきたいと考えています。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 1204523を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。