この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2008年10月)

2008年10月7日

Vista x64 環境での MozillaBuild 1.3を利用する場合のメモ
初回投稿日時: 2008年10月07日17時12分22秒
最終更新日時: 2008年10月09日15時23分31秒
カテゴリ: Firefox Memo Mozilla Core
SNS: (list)

MozillaBuild 1.3を単にインストールしただけでは、64ビット環境ではビルドできません。以下、修正が必要なポイントです。

guess-msvc.batの修正

VS2008でしか動作確認していませんが、VSのインストールパスが格納されているレジストリ位置がx86版とは異なるため、修正が必要です。

16行目のMSVCROOTKEYの値をHKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\VisualStudioに変更しなくてはいけません。ただ、Express Editionの場合はその下でこの変数を使わずにダイレクトにレジストリのキーを指定しているので、そちらを修正しなくてはいけません。

また、VS2008では必要ありませんが、それ以外のバージョンのVisual Studioを利用している場合、おそらく71行目のSDKROOTKEYの値をHKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\MicrosoftSDK\InstalledSDKsに変更が必要と思われます。

start-msvc9.batの修正

54行目からのifのブロックはエラーの原因となります。このブロックを丸ごと削除してください(Visual StudioがExperess Editionの場合は、削除する訳にはいかないので、ちゃんとした修正が必要だと思います)。

msys-1.0.dllのアップデート

MozillaBuild 1.3に同梱されているmsys-1.0.dll(mozilla-build/msys/bin/msys-1.0.dll)は64ビット環境には対応していないので、1.0.11以降のものに置換する必要があります。

ssh-agent.exeのリネーム

bash起動時にmozilla-build/msys/bin/ssh-agent.exeが起動されますが、これが暴走してしまいます。特に必要無いものなので、ファイル名を適当にリネームしておけば、bash起動時に自動起動されなくなります。

関連するかもしれないエントリ

Vista x64 環境での MozillaBuild 1.3を利用する場合のメモ #2

このエントリへのリンク元