この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2005年5月)

2005年5月24日

Bug 4440 インストールする環境によっては文字化けしたフォルダや"!uninstall"ができる
初回投稿日時: 2005年05月24日03時29分22秒
カテゴリ: Firefox Thunderbird
SNS: (list)

FirefoxやThunderbirdのインストーラで、環境等々、様々な要因に基づいて、文字化けしたフォルダが作られたり、!uninstallというフォルダが作られていたバグ。

ようやく原因が分かった。Suiteのxpinstallから、toolkitのinstallerにソースコードを移植する際に、コピペで不要なコードまで持ってきていたのが原因。

未初期化のバッファを文字列とみなして、これと"uninstall"という文字列を連結させたフォルダを、(c:\Program Files\Mozilla Firefoxではなく)カレントフォルダに作成していたのが原因。ウインドウプロシージャから呼び出された関数がこのような処理を行っていたので、OSや環境の影響を多分に受ける形となっていた。

このフォルダは一切必要無いので、見つけたら手動で削除しておいて欲しい。 アンインストーラから、このフォルダの削除には失敗するようなので、手動で削除しておかないと、アンインストール時にこのフォルダが残ってしまう可能性が高い。

関連するかもしれないエントリ

bug 4440を含むエントリ

Bug 4440 インストールする環境によっては文字化けしたフォルダや"!uninstall"ができる #2

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。