この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2005年1月)

2005年1月24日

Bug 4005 日本語のデフォルトフォントはsans-serifの方が可読性が良い #2
初回投稿日時: 2005年01月24日13時11分23秒
カテゴリ: Firefox Mozilla Core Suite Thunderbird
SNS: (list)

Netscape6.0の頃(Mozilla 0.6の頃)から問題として挙げられていた問題だが、ついに修正完了。 言語グループごとにserifかsans-serifかを設定できるようになった。

しかし、懸案が一つ残っている。 現在の設計では、

<p lang="ja">ああああ<span lang="en">aaaaaaa</span></p>

このような場合に、span要素の内容だけがserifになるかというと、そうではない

よく考えてみて欲しい。CSSの継承という考え方でいくと、jasans-serifが継承されて、enの要素もsans-serifとなっているのである。

今、Mozillaはルート要素にsans-serifserifかを設定に基づいて指定するようになっている。つまり、この設計のままでは要素ごとにこれらを切り替えることはできない。しかし、もし、新しいフォントの一般名、例えば-moz-defaultというものでも作り、ルート要素にこれを指定し、継承させていけば切り替えも可能ではある。

しかし、本音は「面倒だなぁ」ということだ。

関連するかもしれないエントリ

bug 4005を含むエントリ

Bug 4005 日本語のデフォルトフォントはsans-serifの方が可読性が良い

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。