この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2005年11月)

2005年11月3日

Acid2テストに合格することに意味があるのか
初回投稿日時: 2005年11月03日00時25分41秒
最終更新日時: 2005年11月03日00時48分43秒
カテゴリ: CSS Opera
SNS: (list)

Operaは未だにvertical-alignという基本的なCSSプロパティの解釈が実にバギー。 CSSマニアックスという感じのタイトルが似合う、非常に非現実的なコンテンツの表示テストに合格するよりも、一般的に使用頻度の高いCSSのバグ修正を優先すべきだ。(Acid2テストではvertical-alignはbottom値しかテストされない。)

こんな指標があるなら、各社がマーケティング上のアピールの為にこれに絡むバグを優先的に修正するのは当然、想定できたはずだ。結果としてそれは良い方向に進んでいるのだろうか? 私はそうは思えない。

WaSPが業界全体の限られたリソースをこんなテストの修正に向かわせた責任は大きいと思う。どうせなら、もっと現実に則したテストを作るべきだったはずだ。どんな文書でも絶対にと言って良いほど使われているtext-decorationすら、全くテストされていないというのは納得できない。

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元