この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2015年10月)

2015年10月31日

Bug-org 1211352 [e10s][IMM] composition string on windowless plugin should be positioned at left-bottom of the plugin
初回投稿日時: 2015年10月31日10時57分59秒
カテゴリ: Flash IME Mozilla Core Mozilla44 plugin Windows バグ修正
SNS: (list)

e10sモードでは、windowlessモードで動作するFlash Player上でIMEを使用した場合、未確定文字列が昔のように画面左上に表示されていました。これを現在の非e10sモード時のように、プラグインコンテンツの左下に表示すべきというバグです。

今回の修正により、IMEContentObserverはプラグインがフォーカスを持っている間にも生成されるようになりました。ただし、通常の各プラットフォーム用のwidgetはプラグインがフォーカスを持つ場合にはどの通知も要求しませんので、非e10sモードでは存在するだけという形になります。それに対してPuppetWidgetはレイアウトや位置変更の通知のみを要求します。これにより、ContentCacheInParentにエディタの矩形(プラグインがフォーカスを持つ場合にはプラグインコンテンツ全体の矩形)がキャッシュされるようになりましたので、IMMHandlerがこのキャッシュを利用できるようになり、非e10sモードの時と同様に動作するようになっています。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 1211352を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。