この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2015年10月)

2015年10月2日

Flash Playerのせいで犠牲になっている、Firefoxの軽い動作を取り戻しましょう
初回投稿日時: 2015年10月02日22時33分45秒
カテゴリ: Firefox Flash Mozilla Core 雑談
SNS: (list)

Firefoxの動作が遅い、よく聞く苦情です。その原因のうち、かなりの割合は以前から指摘しているようにパフォーマンスを犠牲にしたアドオンをインストールしていることに起因していると思われます。ですが、もう一つ、大多数の人が無駄にコストを払っているであろう原因があります。それは、Flash Playerです。

Flash Playerが必要なコンテンツがページ内に存在している場合に、Flash Playerをロードするためのplugin-container.exeや、Flash Player内部での保護モード(Windowsのみ)のためのプロセス間通信等、非常に多くの時間、CPUを占有してしまいます。これが、Webページ読み込み時の「重たさ」の原因の一つとなっています。

しかし、意外とこれに対して対策をきちんととっている人は少ないのではないでしょうか?

また、自分のアクセスしているWebサイトでは動画プレイヤーやブラウザゲームぐらいでしかFlash Playerが利用されていないので関係無いと思ってはいないでしょうか?

ここで紹介する設定を行うと驚くと思いますが、思わぬページで"見えない"Flash Playerが存在して、Firefoxのパフォーマンスを落としているのです。しかし、Flash Playerは依然として一部のWebサービスのメインコンテンツとして重要なポジションを確立していますので、もちろん、完全にアンインストールしたり、無効化したりすることは現実的な解決策ではありません。そこで、Firefoxに搭載しているClick-to-Playを利用します。

まず、パネルにある「アドオン」をクリックします。

パネルを開いた時に表示される「アドオン」のスクリーンショット

続いて、表示されるアドオンマネージャの左側のペインで「プラグイン」を選択し、「Shockwave Flash」という行にある「常に有効化する」をクリックし、「実行時に確認する」に変更します。

アドオンマネージャでShockwave Flashを「実行時に確認にする」に設定しているスクリーンショット

この状態でFlash Playerを利用しているWebページにアクセスすると、以下のような通知バーがページ上部に表示されます。

ページ上部に表示されるClick-to-Playの通知バーのスクリーンショット

そのWebサイト全体でFlash Playerが不要な場合、「ブロックを継続」ボタンを押すと、そのサイトへアクセスした時にこの通知バーが表示されることはありません。

そのWebサイトでFlash Playerを表示する必要がある場合、「許可...」ボタンを押します。すると、次のダイアログがURLバーの左端下に表示されます。

URLバー左側下に表示されたClick-to-Playの許可ダイアログのスクリーンショット

ここにある「常に許可する」を押すと、そのWebサイトでは今まで通り、Flash Playerは常に自動的に実行されるようになります。

「今だけ許可」を押すと、Flash Playerが実行されますが、次回以降にアクセスした場合にはまた問い合わせが表示されます。Flash PlayerがそのWebサイトの機能の一部で必要なものの、毎回必要というわけでもなく、その頻度も低い場合はこちらを選択しておく方が良いでしょう。

この設定はユーザにとって不要なFlash Playerを利用している多くのWebサイトで効果が絶大です。ハングアップやクラッシュ、さらには、セキュリティホールの温床となっているFlash Playerを必要な(逆に言えば信頼しているサイト)以外で無効化させつつ、Flash Playerの利用自体も可能なこの機能、是非、利用してみてください。

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元