この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2015年9月)

2015年9月29日

Bug-org 1205945 [e10s] Japanese IME of OS X 10.10 sometimes shows candidate window to bottom-left of the screen
初回投稿日時: 2015年09月29日00時16分58秒
カテゴリ: e10s IME Mac Mozilla Core Mozilla43 バグ修正
SNS: (list)

TSFTS_E_NOLAYOUTのような問題がMac OS X 10.10.xのIMEでも発生しているというバグです。また、直前に確定した未確定文字列が新しい未確定文字列の変換候補に出てくるというバグも原因が同じバグだったのでこの修正により解決しています。

前回、Gecko Insiderに参加したときに元々このバグを教えてくれたさねゆきさんから再現方法を実演してもらった所、高速入力時にのみ時々発生するということが分かりました。そのことを踏まえてログをとってみたところ、やはり、IMEが想定しているよりも古いコンテンツを返してしまった場合にこのバグが発生していることが分かりました。

本当であればbug-org 1173694を修正し、WidgetQueryContentEventが未処理の未確定文字列の編集結果も含めた結果を返してくるようにすべきなのですが、43のサイクルが終了間際だったため、TSFTextStoreと同様にIMEInputHandlerに最新の未確定文字列の情報をキャッシュし、WidgetQueryContentEventを利用せずにそれを利用するようにして回避しました。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 1205945を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。