この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2015年7月)

2015年7月19日

Bug-org 1181714 [TSF] crash in _invalid_parameter_noinfo with Microsoft Office Korean IME
初回投稿日時: 2015年07月19日13時27分54秒
カテゴリ: IME Mozilla Core Mozilla40 Mozilla41 TSF バグ修正 バグ却下
SNS: (list)

TSFモードを有効にしたFirefox 40 Betaでは、韓国のユーザから大量のクラッシュレポートが送信されてきていました。そのスタックトレースを見ると、フォーカスを失う際にTIP内部でクラッシュしています。ロードされているDLLからすると、MicrosoftのOffice IMEのハングル版のようでした。また、バグにコメントしてくれた中国語版のユーザもやはりOffice IMEでクラッシュするということでした。

スタックの内容からすると、TIPが適切にオブジェクトを参照していないため、フォーカスを失う際にGeckoが手放したなんらかのオブジェクトの参照カウントがゼロになり、先に解放されたところへアクセスしているようでした。何故かOffice IMEをWindows 7にインストールしようとしてもうまくインストールされないので、手探りで書いたパッチを投入してみたものの効果はありませんでした。

しかし、先のコメントしてくれた中国語版のユーザの方が検証してくれたところ、Aurora 41では再現しないとのこと。ということで、Mozilla 41で行われた修正のうちのどれかが、フォーカス喪失時の処理タイミングのまずさを改善したんだと思われます。もともとTSFのデフォルトでの有効化は41に先送り予定だったので、このバグ自体を40で修正するのは断念しました。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 1181714を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。