この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2015年6月)

2015年6月19日

Bug-org 1130937 [Gtk] Need to investigate if IMEs on Linux support vertical writing mode and how do we tells it to IME
初回投稿日時: 2015年06月19日17時33分48秒
カテゴリ: GTK IME Mozilla Core Mozilla41 writing-mode バグ修正
SNS: (list)

GTKというかLinuxのIMEには、縦書きという概念そのものが存在していませんでした。そこで、抜本的な解決策として、誠さんがGTK側に仕様を追加するように依頼して、既に修正されました

しかし、GTK3のみでの修正になりますし、現在のFirefox/GeckoはあくまでもGTK2がターゲットです。また、各IMEがきちんと縦書きモードをハンドリングできるようになるまで時間がかかるでしょう。そこで、Gecko側でもなんらかの対応が必要になります。

この修正では、変換のために選択された文節、もしくはそれが無い場合は、未確定文字列全体にIMEの候補ウインドウが重ならないように文節全体を縦断する大きなキャレットが存在しているかのように、それをGTKに通知するようにしました。

この修正により、候補ウインドウの文字の大きさが変化したりすることを懸念していましたが、幸い、テストした範囲ではそのような挙動の変換エンジンはありませんでしたのでこのハックを入れています。もし、UIの文字の大きさがおかしい場合を発見したらバグ報告をお願いします。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 1130937を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。