この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2014年6月)

2014年6月24日

Bug-org 1026397 Should not truncate input string between a surrogate pair at handling maxlength
初回投稿日時: 2014年06月24日11時52分40秒
カテゴリ: HTML Mozilla Core Mozilla33 バグ修正
SNS: (list)

<input>要素のmaxlength属性によって、入力中のサロゲートペアの後半だけが削除されて入力されることがある、というバグです。

Bug-org 670837の報告によると、少なくとも、maxlengthはUTF-16ではなく、Unicodeのコードポイント単位で数えられるべきっぽいんですが、ひとまず、コンセンサスがとれている、サロゲートペアの分断だけは避けよう、というのがこのバグの目的です。

この修正により、サロゲートペアの片側を捨てる際には、もう一方も捨てるように修正しています。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 1026397を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。