この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2012年3月)

2012年3月17日

Bug-org 672175 Clean up / reorganize / better encapsulate our scroll widget code and figure out some way to write tests for it
初回投稿日時: 2012年03月17日11時32分05秒
カテゴリ: modest Mozilla Core Mozilla13 バグ修正
SNS: (list)

Windowsのマウスホイールのハンドリングコードは、歴史的な事情から様々な挙動のドライバが存在しているため、非常に複雑です。これをより細かく分割し、なおかつ自動テストも行えるように、ということで再整理、自動テストの作成を行うバグです。

現在、自動テストはまだレビューを受けている最中ですが、ほとんど動作を変えることなく、コードの整理自体は終わりました。今回の変更により、マウスホイールの挙動をログに記録することができるようになっています

いくつか、挙動が変わっている点は以下のようなものがあります。

  • いくつかのstaticな変数が動的に確保されるようになった
  • mousewheel.enable_pixel_scrollingと、mousewheel.emulate_at_wm_scrollを変更した後にFirefoxを再起動しなくても反映されるようになった
  • Elantechのタッチパッドで、「戻る」「進む」の操作をした際に、Alt+や、Alt+を生成していたが、Webアプリに妨害されないように、コマンドイベントで処理するように変更された

関連するかもしれないエントリ

bug-org 672175を含むエントリ

Bug-org 672175 Clean up / reorganize / better encapsulate our scroll widget code and figure out some way to write tests for it #2

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。