この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2012年2月)

2012年2月11日

イベントリスナの優先順位
初回投稿日時: 2012年02月11日10時44分01秒
最終更新日時: 2012年02月11日10時44分35秒
カテゴリ: Firefox Google Chrome IE Javascript Mozilla Core Opera
SNS: (list)

ふと、イベントリスナを同じ要素に同じ条件で追加するとどういった優先順位になるのか気になったのでテストしてみました。

    このテストケースでは、エディタ上でのkeydownイベントを各ハンドラが呼び出された順序でリストに追記していきます。その結果はFirefox、IE、Chrome、Operaで以下のようになりました。

    1. 親要素のcaptureフェイズに最初に登録されたハンドラ
    2. 親要素のcaptureフェイズに二番目に登録されたハンドラ
    3. イベントターゲットのbubbleフェイズに最初に登録されたハンドラ (captureへの登録よりも前)
    4. イベントターゲットのbubbleフェイズに二番目に登録されたハンドラ (captureへの登録よりも前)
    5. イベントターゲットのcaptureフェイズに最初に登録されたハンドラ
    6. イベントターゲットのcaptureフェイズに二番目に登録されたハンドラ
    7. イベントターゲットのbubbleフェイズに三番目に登録されたハンドラ (captureへの登録より後)
    8. イベントターゲットのbubbleフェイズに四番目に登録されたハンドラ (captureへの登録より後)
    9. 親要素のbubbleフェイズに最初に登録されたハンドラ
    10. 親要素のbubbleフェイズに二番目に登録されたハンドラ

    親要素に仕掛けたハンドラでは、captureフェイズと、bubbleフェイズが順番逆でも大丈夫なのは当たり前として、イベントのターゲットではフェイズの指定は無視されています。そして、ハンドラは先に登録したものに優先権があるようです(これに関して明言している仕様がどこにあるのか知りません)。Webアプリ作る上では複数のハンドラでひとつのイベントを聞くようなことをすると、スパゲッティになるでしょうからやらない方が良いと思いますが、まあ、ちょっとした豆知識として。

    関連するかもしれないエントリ

    関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

    このエントリへのリンク元