この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2010年12月)

2010年12月4日

Bug-org 261715 Alt+click sometimes focuses menubar (keyrepeated Alt shouldn't trigger menubar focusing behavior)
初回投稿日時: 2010年12月04日15時34分48秒
最終更新日時: 2010年12月05日01時06分37秒
カテゴリ: Firefox Mozilla Core バグ修正
SNS: (list)

Altキーを押しながらドラッグすると、Altキーを離した時にメニューバーにフォーカスが移る、もしくは非表示だったメニューバーが表示されてしまうというバグです。

あまり知られていないようですが、GeckoはAltキーを押しながらだと、リンクの中のテキストから文字列の選択を開始することができます(Firefox側にバグがあって、リンク内でマウスのボタンを離すと保存ダイアログが出てしまいますが)。これを行おうとすると、Fx4からはデフォルトで非表示になったメニューバーが表示されてしまって表示がばたついてしまうので、修正を入れました。

レビュー中に分かったのですが、どうもWindowsではAltキーを押している時に自動リピートがあるかどうかは、キーボードのドライバに依存するようです。私のPCではリピートするので、このバグが再現していましたが、そうではないPCの場合はもともと再現していなかったはずです。

今まではbooleanの変数一つで管理していたAltキーの押下状態を、マウスクリック時にキャンセルするのではなく、キャンセルされたという別のフラグを立てることで、リピートでやってきたkeydownイベントで、キャンセルされたことがキャンセルされないように修正しています。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 261715を含むエントリ

このエントリへのリンク元