この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2010年11月)

2010年11月19日

Bug-org 608515 After nVidia driver is crashed, Aero glass isn't recovered if Firefox button is visible #2
初回投稿日時: 2010年11月19日15時57分36秒
カテゴリ: Firefox Mozilla Core バグ修正
SNS: (list)

Firefoxボタンを表示している状態で、nVidiaのドライバがクラッシュして、ドライバが回復された時に、Aero Glassがそのウインドウでは復元されず、タイトルバーにある閉じるボタン等が使えなくなる、というバグです(Firefoxボタンの無いウインドウ、例えば、ダウンロードマネージャ等では問題ありません)。

修正したつもりですが、明確な原因は特定できていないので、まだバグが残っている可能性はあります。

クラッシュからリカバリする時に、デスクトップコンポジションが一端無効になり、その後有効になりますが、メッセージの処理中に状態が変化し、おかしくなる現象を発見しました。今までは、描画に関わるメソッドがシステムに直接、コンポジションが有効かどうかを問い合わせていましたが、WM_DWMCOMPOSITIONCHANGEDメッセージを受信したタイミングで内部にキャッシュし、一連の処理中に齟齬が発生しないように修正しました。

もしもまだ再現するようであれば、バグを登録してください。クラッシュするタイミングで何をしようとしたのか(例えばリンクをクリックした瞬間とか)、問題のウインドウはクラッシュ時にアクティブだったのか、そうじゃなかったのかを書いておいてもらえると助かります。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 608515を含むエントリ

Bug-org 608515 After nVidia driver is crashed, Aero glass isn't recovered if Firefox button is visible #3

Bug-org 608515 After nVidia driver is crashed, Aero glass isn't recovered if Firefox button is visible

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。