この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2007年10月)

2007年10月12日

Bug 5341 [Cairo] Symbol フォントはCSSから指定されても、使わないようにすべき
初回投稿日時: 2007年10月12日05時51分31秒
最終更新日時: 2007年10月12日06時02分15秒
カテゴリ: CSS HTML Mozilla Core
SNS: (list)

Fx2ではQuirksモードでfont要素のface属性にsymbolフォントを指定した場合にのみ、symbolフォントでレンダリングし、それ以外の場合はsymbolフォントを無視していた。Fx3ではgfx部分の書き直しにより、これが全ての場合に適用されるようにregressionが発生していたが、過去の動作そのものがInvalidとなった。

gfx側での決定なので、反対意見もあるが、コードの構造からくる力関係上、たぶんこのままひっくり返らないと思われる。Fx2までのレンダリングとは互換性が無くなる訳だが、WinIEやSafariと同じレンダリング結果には落ち着く(Operaはsymbolフォントは無視している)。

もちろん、私も、この決定を下したgfx責任者のStuartもweb上でsymbolフォントを利用すること自体には反対していることだけは明記しておく(symbolフォントの入っていない環境では当然、表示できないし、また、MacやLinuxといった他のプラットフォームではsymbolフォントが入っていてもWindowsと同様には表示されない)。

む。layout責任者のdbaronがバグをreopenした模様。

関連するかもしれないエントリ

bug 5341を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。