この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2007年7月)

2007年7月9日

Bug 1476 URLがブロック要素内で折り返さない #2
初回投稿日時: 2007年07月09日06時14分42秒
カテゴリ: Mozilla Core
SNS: (list)

ようやくテキスト周りのコードの改修が終わってきたので、作業を再開。

rocがすばらしく負荷の少ない設計に変更してくれていたので、変に最適化しなくてもあまりパフォーマンスの落ちないパッチを作成することができた。

肝心の仕様はUAX #14ではなく、WinIEに似せる様にした(ちなみにOperaは無視。Operaの仕様はレイアウトの美しさよりも速度をとった結果のように思える(ある意味、手抜き?)。私はこういう変な最適化は好きじゃない。むろん、現在のGeckoも同様)。前回の仕様プラス若干の変更で行こうかと、幾度かテストしてみたが、WinIEに比べて折り返しすぎるため、tinderboxのような狭いテーブルではすぐに互換性の問題が出てしまったためだ。文字列がある程度の長さを保たないとテーブルで見た場合はあまり適切な折り返しとは感じなくなる。WinIEと全く同じにする必要は無いと思うが、似たようなレイアウト結果が得られるように調整したつもり(IEと同じ文字で折り返すようにすれば、まったく同じレイアウトになるかというと、そういう訳では無いことに注意)。このバグを問題とする人たちにとっては折り返しの仕様が適当か否かは問題ではなく、IE向けのサイトがうまく表示できない、そのことが問題なのだからこのアプローチが適当だと考えている(もともと、WinIEがURLの折り返しを行うようにした訳だが、Netscape全盛の時代にこのバグに困っているような話を聞いた記憶が無い)。

関連するかもしれないエントリ

bug 1476を含むエントリ

Bug 1476 URLがブロック要素内で折り返さない #3

Bug 1476 URLがブロック要素内で折り返さない

このエントリへのリンク元