この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2006年6月)

2006年6月22日

Bug 5223 [Cairo] letter-spacingがある場合、文字列の描画時に幅をとりすぎる
初回投稿日時: 2006年06月22日00時16分17秒
最終更新日時: 2006年06月22日00時16分51秒
カテゴリ: Mozilla Core
SNS: (list)

Bug-org 340590のregression。

Bug-org 340590で、ビットマップフォントが使えるようにcairo内部でのフォントの扱いを32倍の精度から1倍に落としたことが原因で露呈したバグ。まあ、つまり元々私の作ったletter-spacingjustifiy向けのコードにバグがあったということ。

詳しい説明は省くが、単純に小数点の丸めによる誤差がバグの原因。XPレベルでこの誤差が出ないように修正したので、選択時に文字が揺れるバグも同時に修正されている。(Linuxでも私の環境では修正確認できている。)

関連するかもしれないエントリ

bug 5223を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。