この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2005年11月)

2005年11月27日

Bug 4814 ダウンロード終了時に表示されるアラートの動作が重い
初回投稿日時: 2005年11月27日08時35分22秒
カテゴリ: Firefox Thunderbird
SNS: (list)

アラートのウインドウがにょきっと出てくる時にCPUパワーをすごく使っているというバグ。本家を探しても同様のバグが見つからなかった。とりあえず、wontfixとした。

ソースコードを見てみると、アニメーションの設定を細かく指定できるようになっているので、アニメーションが重い場合は次の設定を変更してみて欲しい。

alerts.slideIncrement

一フレームで何ピクセル、ウインドウを大きくするか。初期値は1(ピクセル)。

alerts.slideIncrementTime

一フレームを何ミリ秒とするか。初期値は10(ミリ秒)。

フレーム数を半減させて、一フレームで元と同じだけウインドウを大きくすれば、アニメーションのなめらかさと引き替えにパフォーマンスを向上させることができる。例えば、alerts.slideIncrementを2、alerts.slideIncrementTimeを20とすると、20ミリ秒に一回、2ピクセルずつウインドウが大きくなるので、コストを半減できる。

関連するかもしれないエントリ

bug 4814を含むエントリ

このエントリへのリンク元