この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2014年7月)

2014年7月24日

Bug-org 1038089 Log the behavior of IMEStateManager for debug
初回投稿日時: 2014年07月24日05時48分04秒
カテゴリ: Events Mozilla Core Mozilla33 バグ修正
SNS: (list)

IMEの状態管理(無効・有効)や、IMEにフォーカスを持ったエディタの内容の変更情報を提供するIMEContentObserverを管理するのが、IMEStateManagerですが、このクラスは主に、nsFocusManagerと共に動作するので、デバッガでのデバッグが非常にやりにくいクラスです。

これのデバッグ効率を高めるために、ログを吐くことができるようにしよう、というバグです。ただし、必要無いので、通常のリリース版ではログは吐けません。ビルド時にac_add_options --enable-logging*.mozconfigファイルで明示してビルドする必要があります。

NSPR_LOG_MODULES=IMEStateManager:1で、各メソッドの呼び出し状況のみをログに残せます。2を指定すると、それに加えて、想定外のエラーが発生した場合のエラーログも残せます。さらに、5を指定すると、より細かい、各メソッドをデバッグできるだけの情報が残せます。

NSPR_LOG_FILEの指定ももちろん必要ですのでご注意ください。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 1038089を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。