この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2014年3月)

2014年3月31日

Bug-org 981960 PeekMessage(PM_REMOVE) sometimes fails to remove found char message (returns false) even if the message still in the queue
初回投稿日時: 2014年03月31日20時46分49秒
カテゴリ: Mozilla Core Mozilla29 Mozilla30 Mozilla31 Windows バグ修正
SNS: (list)

メッセージキュー上に、WM_CHARメッセージがあるにも関わらず、PeekMessage()でそのメッセージを削除できないことがある、というバグです。

原因は分かりませんが、PeekMessage()で再び存在確認をしてみて、存在している場合、GetMesage()で取得するように修正してみました。

特に根拠のない修正でしたが、このパッチを投入後、このケースでのクラッシュレポートがゼロになりましたので、PeekMessage()PM_REMOVEを指定している場合の動作に、なんらかのバグがあるように思えます。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 981960を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。