この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2014年2月)

2014年2月22日

Bug-org 960866 Make nsEditor store composition with TextComposition
初回投稿日時: 2014年02月22日14時14分53秒
最終更新日時: 2014年02月26日15時51分56秒
カテゴリ: Mozilla Core Mozilla30 バグ修正
SNS: (list)

今まではIME関係のイベントの配信状態を管理しているだけだったmozilla::TextCompositionクラスをnsEditorで利用して、より、シンプルな設計にしようというバグです。

この修正によって、nsEditor内部でのみ管理していた未確定文字列の状態等の一部が、mozilla::TextComposition側で保存されるようになり、エディタ以外からもnsIWidgetnsPresContextからインスタンスを取得して参照可能になっています。

一方、nsEditorは、compositionstartイベントを受け取った場合にmozilla::TextCompositionをstrong referenceで保存し、compositionendイベントを受け取った際に、解放するようにしています。そしてこの間は、mozilla::TextComposition側にもハンドリング中のエディタへのweak referenceが保存されているので、相互参照可能になっています。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 960866を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。