この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2013年1月)

2013年1月31日

Bug-org 832120 Shouldn't the default cursor of editable element be also I-beam?
初回投稿日時: 2013年01月31日18時01分51秒
カテゴリ: CSS Mozilla Core Mozilla21 バグ修正
SNS: (list)

twitter.comのエディタ上にマウスカーソルを移動した際に、カーソルの下にテキストがない場合は、Iビームカーソルではなく、デフォルトのカーソルで表示されてしまう、というバグです。

twitter.comは最近、エディタに<textarea>要素を使うことをやめ、<div contenteditable>を代わりに使うようになっています。

全てのブラウザは、contentediableな要素の上でも、デフォルトのスタイルシートでは、cursor: auto;となっていて、あとはブラウザ自身の判断でカーソルを変更することになります。

Geckoでは、編集可能かどうかにかかわらず、<input>要素や、<textarea>要素のような、フォームコントロール要素以外ではテキストがある場合にはIビームを、それ以外の場合はデフォルトのカーソルを利用するようにしていましたが、他のブラウザにあわせ、編集可能な要素の上では(ほぼ)常にIビームにするように修正しました。

これで、twitter.comのように、<textarea>のように見える、リッチテキストエディタが埋め込まれている場合に、違和感を感じなくなっているかと思います。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 832120を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。