この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2012年7月)

2012年7月11日

Bug-org 537230 Modifying spellchecked text may lead to discontinuity in the misspelling marker
初回投稿日時: 2012年07月11日21時29分23秒
最終更新日時: 2012年07月11日21時33分43秒
カテゴリ: CSS Mozilla Core Mozilla16 バグ修正
SNS: (list)

ころっと修正するのを忘れていたバグです。昨年、text-decoration-styleを実装しましたが、複雑なスタイルを指定した要素同士が隣接している時に、なめらかに接続して描画されないというバグです。

例えば、今までは波線を指定したインライン要素が連続すると、以下のようになっていました。

Firefox 15までの連続した波線のレンダリング

これは、要素ごとに波線の同じ場所から描き始めていたためです。

これが、Firefox 16以降では、以下のようにレンダリングされます。

Firefox 16からの連続した波線のレンダリング

このようにレンダリング可能になったのは、まず、描画すべき領域だけをクリッピングした後に、祖先のブロック要素を探して、そのブロック要素の左端から続いて描かれてきたように描画するようになっています。

text-shadowでは当然、位置をずらさなかった場合のレンダリング結果を、指定されたオフセット分、ずらしてレンダリングするようにしています。

また、インライン要素がposition: relative;でずらされた場合にも、ずれる前の位置での描画イメージのまま、ずらして表示するようになっています。

同じ処理は、dotteddashedにも行われていますので、暇な方は試してみてください。波線ほどは分かりやすくないですけど。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 537230を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。