この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2011年1月)

2011年1月24日

FWD: won't fix: Intel Atomの上でのJavaScriptパフォーマンス
初回投稿日時: 2011年01月24日17時02分20秒
カテゴリ: Google Chrome Javascript Mozilla Core
SNS: (list)

もう一ヶ月ぐらいまえの加藤さんのポストですが、かなり興味深い内容です。見たことない人は是非一度チェックを。

ネットブック等で採用されているCPU、Atomでベンチマークをとると、Google ChromeよりもFirefoxの方が高速になってしまう、というものです。

特定のプラットフォームに対して最適化すると陥りがちな結果なのかもしれませんが、本当に速度を求めてブラウザを選択する場合、自分の環境できちんと速度を計測してみることが大切だと言えるかもしれません。

ただ、速度を求めている人の大半というのは実速度よりも思い込みも含めた体感速度を重視している場合が多いように思えるので、そういう基準だとベンチマーク結果にかかわらず、Google ChromeやOperaというのはFirefoxよりは良い選択肢ではあるかもしれません。例えば、システムのマウスホイールのスクロール速度を増やしてみて、それで高速化した、と感じるのであればそれはこのケースに当てはまります。

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。