この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2009年9月)

2009年9月8日

Bug 6678 Bug-org 462809はXPレベルで実装されるべき
初回投稿日時: 2009年09月08日00時35分29秒
最終更新日時: 2009年09月08日01時00分23秒
カテゴリ: Mozilla Core バグ修正
SNS: (list)

Bug-org 462809でtrunkのWindows版にホイールによるスクロールの加速がアプリケーションレベルで実装されていました。これの評判が悪かったのはテスタには周知の事実かと思いますが、コードレベルで見てもそのコードがひどく、イベントモデルまわりを全く理解していない低品質なものでした。これらを本来あるべき形に修正するため、XPレベルでの実装を提案していましたが、完全に無視されていたので、パッチを作成して修正しています。

この修正により、MacやLinuxでも爆速スクロールが体感できますが、意外と慣れるとこの速度でも操作できてしまうようになるので不思議です(加速してしまわないペースを指が覚える)。

またこの修正でシステム設定のスクロールスピードが無視されるバグも修正されています(もっとも、それを加速してしまうのであまり修正された実感は無いかと思いますが)。

さらにバグは立てていませんが、スクロール以外でデルタ値が増幅されなくなったので、DOMでマウスホイールを取り扱うWebアプリの、今までのバージョンとの互換性は確保されています。また、ズームや、ページ単位でのスクロールをホイールで行う場合にも加速は行われなくなりました。

現在はBug-org 513817で後始末中ですが、同じFxのUIチームの(?)Dãoもこのシステム設定を無視した加速自体には反対なようなので、何が何だか外側からは分からない状況です。

まあしかし、愚痴だけ言ってても何も改善しないので適当な落し所へ向けて前向きにやっていくしかないですね。

関連するかもしれないエントリ

bug 6678を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。