この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2009年2月)

2009年2月24日

Bug 6509 [TSF] 変換候補ウィンドウがウィンドウの移動に追従して移動しない
初回投稿日時: 2009年02月24日18時07分51秒
カテゴリ: Mozilla Core TSF Windows バグ修正
SNS: (list)

要約通りのバグです。

Geckoは一応、埋め込みにも対応しているので、親ウインドウの変更をうまく知る術がありません。そのため、TIPで変換作業が行われている場合は、タイマーで強引に0.1秒間隔で未確定文字列の場所を再問い合わせするように、TSFに促すように修正しています。これにより、遅いPCでは処理速度に問題が発生しているかもしれません。また、特定のIMEでは変換ウインドウの表示がちらついたりする可能性はあります(TIPの実装の仕方次第)。パフォーマンスについては、開発機では全然問題無いレベルでしたが、開発機はそんなに遅い訳ではないので(それなりに速くないとビルドに時間がかかって仕事にならない)、古いPCだとキツイ可能性はあります。ですから、できるだけ多くの人のテストをお願いしたいところです。

関連するかもしれないエントリ

bug 6509を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。