この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2008年9月)

2008年9月21日

Bug 6289 <panel>要素はデフォルトでは最前面ウインドウになるべきではない
初回投稿日時: 2008年09月21日03時35分44秒
カテゴリ: Mozilla Core バグ修正
SNS: (list)

ブックマークダイアログ対策の修正です。

この修正により、Gecko1.9.1(Fx3.1)以降では<panel>要素でauto-hideなポップアップを作成した場合のウインドウレベルがシステム依存になりました。

非IMEユーザが拡張等でUIを作成した場合に備え、auto-hideな<panel>要素上でエディタを利用してもIMEの利用等に問題が無いウインドウレベルを初期値として利用するようになっています。Linuxではbug 6293の問題があるので、最前面表示のままですが(Linuxではたぶん、全てのIMEのウインドウは最前面で処理されていると思われるためです)、他のプラットフォームでは親のウインドウレベルを利用するようになりました。

新たにlevel属性を新設しているので、これを利用して、今まで通り、最前面ウインドウを意図的に作成することはできます。ただし、level属性はセキュリティ上の理由から、noautohide="true"の場合には無視されます。

拡張作者で<panel>要素を使っている人はご注意ください。より詳しい情報はMDCを参照してください。

関連するかもしれないエントリ

bug 6289を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。