この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2008年8月)

2008年8月26日

TSF対応間近
初回投稿日時: 2008年08月26日03時49分56秒
最終更新日時: 2008年08月26日03時55分02秒
カテゴリ: Mozilla Core
SNS: (list)

私が担当なわけではないため、まだ確定的かどうかは不透明ですが、Gecko1.9.1でTSF対応が間に合うかもしれません。

この作業が終われば、今後のGeckoはIMMとTSFの両方をサポートすることになります(レガシーなIMEをサポートするためにIMMサポートは削除できません)。TSFは非常に柔軟なシステムで、IMMとは比較にならないほど様々な機能を持っています。

ですが、その高機能さが問題でもあります。それはFlash等のプラグインでのIMEの取り扱いをどうやって実現すれば良いんだ、という話です。通常のwindowモードであれば、プラグイン自身がウインドウを持っているため、IMMでもTSFでもどちらでもプラグイン自身が選択可能です。どうぞ、各プラグインで頑張ってください、という話になりますが、windowlessモードだとGeckoが仲介してイベントを伝達していますし、TSFはメッセージによるイベントが発生する訳ではないという問題があります。windowlessモードでのIMEサポートはもはやWontfixが妥当なのではないかな、とすら思えてしまうのですが、どうなんでしょうか。

IMMに対応することができれば、それを利用して、

  • TSFからIMMをGecko内部でエミュレーションする
  • windowlessなcontentがフォーカスを持った場合にTSFサポートを一時的に取りやめる

といった方法が考えられるでしょうか。後者が可能なのかどうかも私自身はよく知りませんが、できるならこちらが現実的なように思えます。アクセシビリティ的には前者の方が好ましいように思えますが、ちょっと現実的では無いように思えます。もっとも、まずはIMMからの入力に対応しろ、という話ですね、はい。

現在のプラグインのような前時代的な仕様のものは、とっとと無くなって欲しいです。いや、ほんと。

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元