この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2008年6月)

2008年6月10日

Re: ■(6/10) Firefox 3 のバグ
初回投稿日時: 2008年06月10日14時38分54秒
最終更新日時: 2008年06月12日05時35分07秒
カテゴリ: Mozilla Core 雑談
SNS: (list)

対象が明確ではないということで内容に手を入れました。

だからどんどん Vote しようぜと呼びかければそれは「煽り」と怒られてしまうのでしょう.

なんか勘違いされているようですが、こういう人多そうなので補足しておきます。

私が言ってるのは、既に作業が終わっているバグについて、開発コミュニティ内でわめいたって仕方がないということです。また、今回のケースには当てはまりませんが、リスクマネージメントからFx3.0.xには間に合わなかったバグをFx3.0.xにバックポートしろ、というようなのも開発コミュニティ内でわめくな、ということです。

どうわめこうが、間に合わなかったものはもう仕方がない訳です。どうしようも無い状況下で善意で仕事をしてくれた開発者の近くで必要以上に声をあげるのはただのクレーマーでしかない、ということです。こうなった原因を真摯に受け止め、再発防止として建設的な意見具体案を出す人が居ないことに注目してください。批判だけでは何も変わりません。何故、こうなったのか、どうすれば改善するのか、そこをコミュニティ全体で考えようとしない、現在の状態は非常に残念に思います。

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元