この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2008年3月)

2008年3月26日

Bug 6087 [Cocoa][egbridge] '@'を入力しようとするとクラッシュする
初回投稿日時: 2008年03月26日07時28分59秒
カテゴリ: Mozilla Core バグ修正
SNS: (list)

別のバグの検証中に発見したバグで、egbridgeのバグがこのバグのトリガとなっていました。beta5での修正には間に合いました。

ATOKもegbridgeも入力モードを切り替えた時の処理がいい加減で、JIS以外のキーボードレイアウトからATOK/egbridgeに変更しても、キーボードレイアウト自体をJISキーボードレイアウトに戻さない、というバグがあります。(ATOKの方は知り合いを通じてJust Systemさんに報告してあります。)

ほとんどの日本語ユーザはこのバグ自体に出会うことがほとんど無いと思いますが、キーボードレイアウトを無闇に追加してしまうと様々なバグに出くわす可能性があるので注意してください。

まあ、そもそもMacOS XがキーボードレイアウトとIMを同列に扱うからこんな変な話も出てくるのですが。なんでMacOS Xはこんな変な設計を行ったんでしょうか……(今回のegbridgeはキーボードレイアウトが元のままなのに、IM自身が生成している入力イベントはJISキーボードレイアウトが利用されたことを前提にしているのでアプリケーションでは解決不能な矛盾が生じています。)

関連するかもしれないエントリ

bug 6087を含むエントリ

このエントリへのリンク元