この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2008年2月)

2008年2月21日

Bug 5845 [text-decoration] 下線がスクロール時に再描画されないことがある
初回投稿日時: 2008年02月21日01時58分05秒
最終更新日時: 2008年02月21日14時23分05秒
カテゴリ: Mozilla Core バグ修正
SNS: (list)

再度チェックインを行い、修正が完了しました。

この修正で下線等のdecorationによる線はオーバーフローがあっても必ず再描画対象となるようになりましたので、今後、同様のバグは再発しないはずです。

ひとつだけGeckoエンジンに仕様変更があり、選択範囲を変更した直後にnsISelectionController::ScrollSelectionIntoViewで最後の引数をtrueにしているとスクロールに失敗するようになりました。拡張作者の方は要注意です。(WebページからのDOMアクセスにも何らかの影響があるかもしれませんが、私はDOM仕様には詳しくないので不明です。)

む。この仕様変更、元に戻せそうです。

関連するかもしれないエントリ

bug 5845を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。