この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2007年1月)

2007年1月1日

Bug 5518 [Cairo][Mac] ヒラギノのW6を指定しても、テキストがボールドにならない
初回投稿日時: 2007年01月01日11時02分15秒
カテゴリ: Mozilla Core
SNS: (list)

font-familyヒラギノ角ゴPro W6を指定しても、太字で表示されないというバグ。現在作業中。

元々、最初のFont Name Resolverでは正常に機能していたのだが、それに修正を加えた時にregressionが発生してしまった。

どうにもこのフォントファミリーというのは扱いが難しい。複数のフォントで共有されている名前なので、ファミリー名から、代表のフォントひとつに対してリンクしないといけないが、フォントを列挙している段階ではそれが分からない可能性があるというのが悩ましい。(代表的なフォントが後から列挙されてくる可能性があるため。)

Bug 5514で提出しているパッチで、一部の初期化処理を遅延することにしたので、その設計がこのバグの解決に決定打となってくれそうだ。現在の案では、ほとんどのファミリー名は起動時に列挙され、ファミリー名から代表フォントへのリンクはその後、必要に応じて逐一解決されていくという寸法だ。つまり、解決を図る時点では既に全てのフォントが列挙されてキャッシュ内にあるのでリンクが確立できるのである。

関連するかもしれないエントリ

bug 5518を含むエントリ

Bug 5518 [Cairo][Mac] ヒラギノのW6を指定しても、テキストがボールドにならない #2

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。