この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2005年1月)

2005年1月16日

落書きメモ
初回投稿日時: 2005年01月16日02時11分57秒
最終更新日時: 2005年01月16日02時13分40秒
カテゴリ: Memo Mozilla Core
SNS: (list)

Borland社のVCLはオブジェクトの基本的な形を定義して、継承により多態化させ、オブジェクト間の通信はできる限り少なくし、オブジェクトをシンプルな完成型としていたのに対し、Mozillaではオブジェクトが複雑に絡み合い、互いに頻繁に通信しあっている。

要するに互いに非常に対照的な設計だが、どちらが優れているのかは視点によって変わりそうだ。VCLは固く、Mozillaは柔らかいが、VCLはさらっとしていて、Mozillaはべっとりしている。

これらの違いは企業の開発プロセスと、オープンソースの開発プロセスの違いが形になったもののようで面白い。

拡張性はMozillaのような設計の方が上だけど、スパゲッティ化のしやすさも顕著。VCLはその逆のイメージがある。これを外側から見てみると、プロプラエタリなソフトとオープンソースのソフトのそれぞれの特徴としてにじみ出ているように思える。

オープンソースのソフトの進化の速さも、なんでこんな簡単そうなバグがとられないんだろう、というのもソースコードの設計の特徴から出た結果なのだろう。

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。