この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2015年6月)

2015年6月8日

Windows版Firefoxで、Flash Playerがクラッシュするという方、他のプラグインがクラッシュの原因になっていませんか?
初回投稿日時: 2015年06月08日12時50分49秒
最終更新日時: 2015年06月08日15時21分44秒
カテゴリ: Firefox Flash plugin 雑談
SNS: (list)

Firefoxでは、OOPPという仕組みを導入し、プラグインのクラッシュでFirefox本体がクラッシュしないように、plugin-container.exeという別のプロセス上で、プラグインを実行しています。

ただし、ここで注意が必要なのは、全てのプラグインがplugin-container.exe上で動作しているという点で、プラグインごとにplugin-container.exeが起動されている訳ではありません。つまり、プラグインがひとつでもクラッシュすると、plugin-container.exeがクラッシュしますので、他のプラグインを利用しているコンテンツでも、「クラッシュしました」というメッセージが表示されることになります。

今回、Army of Awesomeで有益な情報が寄せられました。RealTimesのRealTimes Downloader (旧RealPlayerの時代にインストールされていたらRealDownloader)というプラグインがインストールされており、その設定でChrome ブラウザと FireFox ブラウザで [この動画をダウンロード] をオンにしますを有効にしていると、Flash Playerがクラッシュすることがあるようです。

解決策として、RealTimesそのものを(コントロールパネルから)削除するか、(Firefoxの設定から)無効化するか、RealTimesの設定画面からChrome ブラウザと FireFox ブラウザで [この動画をダウンロード] をオンにしますから無効化するか、Flash Playerの保護モードを無効化することで解決するそうです。

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元