この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2014年3月)

2014年3月8日

Bug-org 975688 nsDOM*Event classes into mozilla::dom namespace and rename them to same as standard spec's name (i.e., nsDOM*Event -> mozilla::dom::*Event)
初回投稿日時: 2014年03月08日20時40分46秒
カテゴリ: Mozilla Core Mozilla30 バグ修正
SNS: (list)

content/events配下のファイルは全て、dom/eventsに移動されましたが、ファイルの内容はそのままの移動でした。このフォルダ配下のファイルはほとんどが古くから存在しているものなので、nsプレフィックス付きのクラス・ファイル名を利用しているため、ヘッダファイル内では、引数の型の定義が名前空間の付与で長くなりがちで、ソースコードの80桁制限のため、読みづらいところが多いのが問題になっていました。そこで、これらのファイル内のクラスを全て、mozilla::domか、mozilla名前空間に移動させ、モダンなクラス名に変更することにしました。

このバグでは、nsDOM*Eventという名前で定義されていたクラスを全て、mozilla::dom::*Eventという名前に変更しています。

この際に、Event.hEventクラス等、あまりに一般的すぎる名前になるため、ヘッダファイルの方は、あえてすべてエクスポートし、mozilla/dom/*Event.hでインクルードするように修正しています。

文字にするとこれだけですが、30クラスぐらいあった上に、一番ベースのコンクリートクラスである、nsDOMEventmozilla::dom::Event化には苦労させられました……

関連するかもしれないエントリ

bug-org 975688を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。