この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2010年10月)

2010年10月4日

京都・東福寺と壬生寺
初回投稿日時: 2010年10月04日00時08分32秒
最終更新日時: 2010年10月04日00時11分38秒
カテゴリ: 旅行
SNS: (list)

今週は東福寺と、壬生寺へ。

東福寺と言うと、どちらかと言えば任天堂の方が有名な気がしなくもないですが……まあ冗談はさておき、東福寺は山際にある上に庭園が非常に立派なので来月、紅葉が始まるとかなり綺麗な景色が楽しめそうでした。

四条大宮から見て、壬生寺の手前にある八木家内はさすがに撮影禁止だったので入り口の写真のみです。中では芹沢鴨が寝ていた部屋と、暗殺された部屋を案内されます。暗殺された部屋の鴨居にはそのときの刀傷と言われている傷がありました。

ちなみに、ここのガイドさんによると、新選組は関西では人気が低く、関東の人の方が多く訪れているのだそうです。

壬生寺内の壬生塚には芹沢鴨の墓もありましたが、立派な墓にはしたくなかったのか、建前である「殉職した局長」の墓というイメージとはほど遠いものがありました。

新選組に関連した壬生では京都の他の観光地よりも若い女性をよく見かけました。やっぱり、歴女な方々なんでしょうか?

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。