この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2010年6月)

2010年6月14日

[ITmedia] 「Googleの背景がどんどん変わる」企画、ユーザーからの苦情で早期終了
初回投稿日時: 2010年06月14日13時28分16秒
カテゴリ: News 雑談
SNS: (list)

時代は変わったので的外れな部分もあるかとは思いますが、そもそもGoogleが当時、すでに市場が成熟していた(と思われた)検索エンジン市場でシェアを急拡大し、もぎとれたのは、検索結果がもちろん良いということもあったんでしょうけれども、今以上に派手だった広告を一切排除し、ともすればシンプルすぎると言われそうなぐらいシンプルなサイトを構築したこと、つまりユーザのことを第一に(?)考えた部分が少なからずあったのではないかなと思います。数年後には予想通り収益のために広告が検索結果に表示されるようになりましたが、それも極力目障りにならないようにするという配慮が見られました。

ですが、今回のは一日だけのキャンペーンとはいえ、このシンプルで目立たないサービスの提供という、昔からのGoogleユーザに好まれた路線を見失い、自分たちが排除した派手すぎる広告と同じことを、それ以上に目立つ形でユーザに押しつけた結果がこれなのかなと思うと複雑です。

もちろん、当時に比べてユーザの幅が広がっていますから、機能自体を好む人は少なからず居るでしょう。ですので宣伝の仕方以外は好ましい変化だと思うのですが。

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。