この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2009年5月)

2009年5月21日

ATOKのime-modeによるカナロック問題について
初回投稿日時: 2009年05月21日16時56分13秒
最終更新日時: 2009年05月22日00時39分55秒
カテゴリ: Mozilla Core 雑談
SNS: (list)

先日、リファラから知りましたが、ATOKでかな入力モードを利用している時、ime-mode: disable;のフィールドにIMEがオンの状態のままフォーカスを移すと、IMEが無効になるものの、カナロックがかかったままになる、という問題があるようです。

で、どうにも要領を得ないので、物置部屋から古いATOKを引っ張り出して検証してみました。VM上のWinXPに、ATOK2007、ATOK2006、ATOK2005、ATOK17、ATOK15(ATOK16は残念ながら買ってませんでした)をインストールして、挙動をみて見ると、ATOK15でのみ、デフォルト設定で再現しました。

ちなみに、IE6でも再現するので、ATOK側の問題と考えて良いと思います(アプリからカナロックの状態を変更する方法があれば対応可能ですが、今のところその方法は分かりません)。

ATOK16では上記のリンク先に再現情報がありますので、これを信じるなら、ATOK17以降では修正が入っていることが分かります。また、ATOK2005以降には日本語入力無効のときはカナロックを解除するという設定が入力補助の設定内にあり、デフォルトで有効になっています。ATOK17でこの挙動に変えたものの、何らかの理由により、ATOK2005でATOK16以前の挙動もオプションとして用意しなくてはいけなかった、ということかもしれません。

現在の対応策としてはATOKをアップグレードするしかありません。他のIMEで再現する場合も同様です。

欲を言えば、こういった問題はきちんと報告して欲しかったのですが、今のMozillaの体制でそれを望むのは高望みなのは分かっているので、新しいバグ報告専用のコミュニティを引き続き準備中です。このコミュニティの作成・運営に興味のある方は私にコンタクトをとってください。

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元