この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2009年5月)

2009年5月7日

Bug 6541 [IMM32] IMM32のコードはnsWindowから分離されるべき #2
初回投稿日時: 2009年05月07日17時29分57秒
カテゴリ: Mozilla Core バグ修正
SNS: (list)

従来からのIMM32のハンドリングを行っているコードをnsWindowから分離しようというバグでした。

IMEのコードは最近でこそ減りましたが、昔はよくnsWindowの修正時に誤って壊されていることがありました。このような理由から、IMEと関係無い開発者からはIMEのコードはできるだけ分離しておく方が好ましいです。

また、WindowsのネイティブコードのレビュアもIMEに詳しくないので、現状のモジュールオーナーシップのルール上、無駄というとアレですが、スムーズな開発ができなくなっていましたので、コードを独立させることでレビュープロセスを簡略化してしまうことができます。

そして、メモリの利用をより効率的にすることができることになります。今まではIMEの利用が全く無い場合でもIMEの処理に必要なメモリを確保していましたが、それが改善されています。

関連するかもしれないエントリ

bug 6541を含むエントリ

Bug 6541 [IMM32] IMM32のコードはnsWindowから分離されるべき

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。