この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2008年4月)

2008年4月19日

Bug 6054 HTMLのaccesskeyでShiftを押さずに入力する記号を指定すると利用できない
初回投稿日時: 2008年04月19日01時57分39秒
カテゴリ: Mozilla Core バグ修正
SNS: (list)

HTMLのaccesskey属性はWindowsとLinuxではAlt+Shiftを同時押ししてアクセスしないといけませんが、Shiftキーが押されているため、Shiftキーを押した状態で入力できる文字しか利用できない、というバグでした。

同様のバグがCtrl++のようなショートカットキー場合にもあり(Windows版はShiftキー無しで;を押すだけでアクセスできていましたが、これもまたバグ)、アクセスキーやショートカットキーのハンドリングを全体的に書き直すことになりました。パッチは76kbにもなり、この時期に入れるには危険すぎるものですが、accessibility上、入れない訳にはいかないのでtrunkには投入済みです。

案の定、大量のregressionを引き起こしていて、現在、全力で対応中です。対応が終わりましたら、変更されたキーハンドリングについて解説したいと思います。

関連するかもしれないエントリ

bug 6054を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。