この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2008年2月)

2008年2月11日

Bug-org 415595 Use nsIPrefLocalizedString for intl.accept_languages in gfxWindowsFonts.cpp
初回投稿日時: 2008年02月11日05時19分49秒
カテゴリ: Mozilla Core バグ修正
SNS: (list)

新しいgfxのthebesではCJKのフォントのフォールバックの優先順位付けにaccept_language設定を利用しているのですが、その値の取得がlocalized stringとして取得しないといけないのに、単に文字列として取得していたというバグです。単純なので一瞬で修正できました。

問題の箇所は私のミスなのですが、昔からこの手のバグはいくつかあっているので、こういうややこしい(ミスしやすい)構造自体がまずいですよね。ちなみに、うちのJohnさんからの突っ込みで判明したバグです。

関連するかもしれないエントリ

bug-org 415595を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。