この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2005年12月)

2005年12月2日

Bug 4825 [Standard mode][INVA] nowrap属性が、セル内のtableのセルにも継承される
初回投稿日時: 2005年12月02日00時40分35秒
カテゴリ: Mozilla Core
SNS: (list)

Geckoではtd[nowrap]white-space: nowrap;として扱うのでバグではないということでInvalidとした。

ちなみにQuirksモードではtable要素でwhite-spaceをデフォルト値に強制的に戻すので問題無い。

そもそもCSSレイアウトのためのStandardモードでテーブルレイアウトを中途半端な知識でやるからこんなことになるのだが、報告者の方は納得できないらしい。曰く、Firefox 1.0.7では問題なかったということだが、Firefox 1.0.7のバグだったという可能性の方が高い。今まで自分が見てきたものが正しい、と思いたいのは分からないでもないが、論理的ではない。

問題はこの修正が意図的に行われたかどうかという点が重要だが、1.7 branchと1.8 branchは1年3ヶ月ぐらいの期間があるのでとてもじゃないが、候補対象が多すぎて、どのバグでこのように修正されたのか分からない。(色々と検索してみたが、この手の問題は2001年当時のものしか見つからなかった。おそらく、何か関係ないスタイルシート関連リファクタリングの副作用じゃないかというのが個人的な見解。)報告者の方はtd[nowrap]white-space: nowrap;として扱う仕様などどこにも無いから、Web標準化にも当たらないと発言しているが、Web標準仕様で見た目の表現に関して厳密に定義が行われているのはCSSの仕様のみ。HTMLをCSSでどのように表現するかはUAの自由なので、そもそもその理屈はおかしい。UA依存なHTMLの表現に関する属性を使うサイトの作者が全面的に悪い。過去との互換性を盾にQuriksモードでの挙動に注文をつけるのは分かるが、Standardモードでこれほど食い下がってきた人は初めてだ。

それにしても、Bugzilla-jpでの決定にあまりに食い下がるのは止めて欲しい。当然、Bugzilla-jpでの決定に間違い、または本家との判断の差はあることはあるだろうから、反論するな、と言いたい訳ではない。有益な反論なら大歓迎だ。ただし、反論するなら、本家bugzillaでの取り扱われ方、仕様書での明記、W3Cのメーリングリストのアーカイブなど、何らかの証拠と共に反論して欲しい。スタッフも伊達に長年、本家の様々な意志決定を見てきたわけではない。今回のように持論のみで反論されてもどうしようも無いのだ。

関連するかもしれないエントリ

bug 4825を含むエントリ

このエントリへのリンク元