この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2005年10月)

2005年10月3日

Bug 4620 非ASCII文字を含むファイルを開こうとするとUnknown Content Typeダイアログ(helper appダイアログ)のファイル名がエスケープされたまま表示される
初回投稿日時: 2005年10月03日05時53分32秒
カテゴリ: Mozilla Core
SNS: (list)

パッチを一度はチェックインしたものの、MacとLinuxで起動時にクラッシュするという問題が発生した。(Linuxはコンパイラのバージョンか何かに依存するのか、私の環境ではクラッシュしなかった。Macは環境が無いので未テスト。)

現在、修正版のパッチを提出しているがMacでは未確認だし、元々前のパッチでもクラッシュしなかった私のLinux環境(VMWare + TurboLinux)ではテストを信頼して良いものかどうか分からない。(前のパッチを一部コメントアウトすると私の環境でもクラッシュはしたのだが、バグがある場合に必ずクラッシュするわけでも無いようだ。)

是非、手の空いている方はWindows、Linux、Mac、どの環境でも良いのでビルドして起動できるかどうかテストしてみて欲しい。私はこのバグが1.8Branchで修正されるべき最後の重要な国際化バグだと考えているが、今回のパッチが問題を抱えていた場合、1.8Branchでの採用はかなり難しくなるだろう。(そして間に合わなかった場合には、次のFirefox 2.0/Thunderbird 2.0まで修正は見送られる可能性がより一層高くなってしまう。)

関連するかもしれないエントリ

bug 4620を含むエントリ

Bug 4620 非ASCII文字を含むファイルを開こうとするとUnknown Content Typeダイアログ(helper appダイアログ)のファイル名がエスケープされたまま表示される #4

Bug 4620 非ASCII文字を含むファイルを開こうとするとUnknown Content Typeダイアログ(helper appダイアログ)のファイル名がエスケープされたまま表示される #3

Bug 4620 非ASCII文字を含むファイルを開こうとするとUnknown Content Typeダイアログ(helper appダイアログ)のファイル名がエスケープされたまま表示される #2

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。