この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2005年7月)

2005年7月27日

Bug 1241 javascript の document.lastModified はローカライズされて表示されるべき
初回投稿日時: 2005年07月27日23時54分09秒
カテゴリ: Mozilla Core
SNS: (list)

ローカライズを行うパッチは既に完成して、レビューも完了している。しかし、副作用として、一切、lastModifiedからDateオブジェクトを生成できなくなるので、regressionも発生するし、Webページの作者にも不評を買いそう。

というわけで、プランBとしてlastModifiedの値はローカライズせず(ただし、時間の値は、OSのロケールが日本ならJSTに修正し)、IE6.0と同じ文字列を返すようにして互換性を高めるパッチを新たに作ってみた。

ちなみに、見慣れた表記にするには、DateオブジェクトのtoLocaleStringメソッドで取得することができる。

関連するかもしれないエントリ

bug 1241を含むエントリ

Bug 1241 javascript の document.lastModified はローカライズされて表示されるべき #2

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。