この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2005年4月)

2005年4月21日

Bug 4400 small-caps指定の要素でスペースをまたいで選択すると選択色が壊れる
初回投稿日時: 2005年04月21日17時55分56秒
カテゴリ: Mozilla Core
SNS: (list)

GFXのコンテキストに設定していた色が、意図せず書き換えられていたという、bug-org 181336の修正によるregression。

パッチはチェックインしたが、そのパッチの修正方法を巡って宗教論争が。

確かにDavid Baronや斉藤さんが推している、関数内でコンテキストに変更を加えたら、終了までに戻しておく、という方法は今後のバグの再発を抑止するという意味では賢いやり方かもしれない。しかし、私はグラフィックまわりのコードというのは、基本的にパフォーマンス重視で、やったらやりっぱなし、必要が生じたときに、常に初期化してから描画を行う、という方針の方が良いと思う。

現状のMozillaのコード自体が、そのように記述されているのでなおさらだ。

関連するかもしれないエントリ

bug 4400を含むエントリ

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。