この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2015年5月)

2015年5月18日

Firefox 38では、またまたTab Mix Plusでウインドウ右上の閉じるボタンが動かなくなるといったバグが出ているようです
初回投稿日時: 2015年05月18日11時02分41秒
最終更新日時: 2015年05月18日11時19分04秒
カテゴリ: Firefox Mozilla38
SNS: (list)

Tab Mix Plusは多機能なアドオンで相変わらず人気があるようですが、そのメンテナンスのいい加減さには以前から定評があります。そして今回もやらかしているようです。Twitter上では、ウインドウ右上の閉じるボタンでウインドウが閉じられなくなったというツイートが毎日、多数投稿されています。

Firefoxのリリースサイクルについて、改めて解説しておきますと、Firefoxの開発は主にNightlyと呼ばれる、ガンガン色んな修正が投入される期間が6週間あり、これが次にFirefox Developer Edition (Aurora)に移行し、6週間、新しく出来てしまったバグの修正や重要なクラッシュバグの修正のみが行われます。さらにその後、より多くのテスタにテストしてもらい、Mozilla社内のQAチームが検証を行うためにBetaで6週間のテストが行われます。この時点で発見されたバグは、よほど重大なものでなければもはや修正はされません。そして、リリースされることになります。つまり、Aurora + Betaで12週間(約3ヵ月)、アドオンは最新版への追従を行う猶予が用意されています。

非常に開発が活発なアドオンだと、そもそもAuroraを待たずに、Nightlyの段階で問題が出次第、細かく修正が行われていきます。ですので、リリースされてもFirefox本体の変更に追従できていないアドオンは開発・メンテナンスがスムーズに行われてないと言えるでしょう。

そして、今回、Tab Mix Plusが一時的に使えなくなっていることから不満を訴えているユーザの中には、Tab Mix Plusでなくても実現できる機能変化のみが必要な人というのも、やはり居らっしゃいました。Tab Mix Plusユーザの方々には、リスクの少ない単機能アドオンで代替できないのか、これを機会に一度検証をすることをお勧めします

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元