この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2009年3月)

2009年3月12日

HDD vs SSD(MLC) vs SSD(SLC) vs ANS-9010
初回投稿日時: 2009年03月12日19時51分19秒
カテゴリ: 雑談
SNS: (list)

スラドの記事で気になったのでWindows Vista x64環境で実際にパフォーマンスを計ってみました。CrystalMark 2004R3のHDDのテストを走らせたスコアと、Fxのデバッグビルドのビルド時間(timeコマンドで測定)です。

なお、計測は一回こっきりで結構いい加減な話なのでANS-9010以外はメーカーや型番は控えておきます。なお、SSD(SLC)はシステムドライブなので若干ハンデがあります。ただし、VS2008もMozillaBuild1.3もシステムドライブにはインストールしていないのでそれほど大きなハンデとはなっていないと思われます。HDDも物理的な制約から、eSATAでポートマルチプライヤで接続しているのでオーバーヘッドがあり、ハンデがあることに注意してください。なお、-jは使用していません。-jを指定するとビルド中にmake.exe等が暴走したりすることが多いからです。

HDDSSD(MLC)SSD(SLC)ANS-9010
CrystalMark 2004R3 Sequential Read54.57 MB/s (2182)152.67 MB/s (5053)95.11 MB/s (3804)166.10 MB/s (5322)
Sequential Write50.20 MB/s (2008)93.41 MB/s (3736)92.07 MB/s (3682)136.52 MB/s (4770)
Random Read 512K29.41 MB/s (1176)140.18 MB/s (4803)92.95 MB/s (3718)165.45 MB/s (5309)
Random Write 512K36.27 MB/s (1450)56.04 MB/s (2241)81.73 MB/s (3269)137.96 MB/s (4759)
Random Read 64K6.26 MB/s (250)84.17 MB/s (3366)77.89 MB/s (3115)152.19 MB/s (5043)
Random Write 64K14.37 MB/s (574)26.05 MB/s (1042)42.50 MB/s (1700)127.84 MB/s (4556)
Fxビルド時間39分34分39分37分
Fx再ビルド時間(ソース無変更)6分19秒2分43秒5分16秒4分26秒

意外にもビルドが最も速かったのはMLCのSSDでした。システムドライブに使用するとプチフリが発生して全く使い物にならなかった、悪名高いJMicronのコントローラ搭載の安いモデルです。Random Writeの項目をみて見るとSLCに比べてやはり遅いのですが、ビルドにはあまり関係無いのかもしれません。まあ、システムドライブである分を若干割り引かないといけないかもしれませんが、コストパフォーマンスからすれば、MLCで十分のようです。

HDDは予想に反してSSDと大差ないスコアです。ただしソースやバイナリの大量に入っているフォルダを削除する速度はSSD等と違ってかなり時間がかかるので、ビルド環境にはお勧めできません。ちなみに、このテストで使用したのは3.5インチのHDDです。

最後に、ANS-9010が価格からすれば惨敗と言って良い結果となっています。ビルドに関してはMLCのSSDに完敗していますし、何よりもよくファイルやインデックスが壊れる(メモリの問題か、ANS-9010の問題かは不明)ので、開発の作業領域としてお勧めできるものではなさそうです。ちなみに、RAIDはしていませんが、CrystalMark 2004R3のスコアを見る限り、SSDよりも圧倒的に高速に動作してはいますので、そういう問題ではないようです。

結論としては、ドライブの速度はビルド時間にあまり影響を与えないようです。耐久性が未知数であることを除けば、価格が安くなった32GBや64GBのMLCのSSDがビルド用にはお勧めです。2台買って、一台にVS2008とMozillaBuild1.3をインストールして、もう一台を作業用とするのが良いでしょう。VS2008とMozillaBuild1.3をインストールしているSSD(MLC)でFxをビルドしてみると、47分かかってましたので表からは除外しています。CrystalMark 2004R3のスコアは、表にあるSSD(MLC)とほぼ同じモデルなのですが。

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。